シミュレーション!先物取引でいくら稼げる?

>

ハイリターンの裏側。レバレッジ効果のリスクを考える。

先物取引でのレバレッジ効果

レバレッジとは日本語で【てこ】の意味ですが、先物取引では少額の投資金で多額の利益が見込めます。
先物取引の大きな特徴としては、一つは証拠金制度を導入しているので、少ない自己資金からでも取引に参加出来ること、そしてもう一つはレバレッジ効果による少額の投資金でも大きな利益を上げられるという2つの点があります。
仕組みをしっかり理解した上で参加をすれば大きな利益を上げられるのも夢ではなでしょう。
株式や為替の現物取引になりますと、まず多額の自己資金を用意しなければ取引には参加出来ません。
またレバレッジ効果が先物取引に比べると大きくないので、大量の自己資金を投資しても利益が少ないという可能性も否定出来ません。

レバレッジ効果の恩恵

実際に先物取引の金でシミュレーションをしてみましょう。
取引価格は1グラム単位での価格になりますが、取引出来る単位は1000グラム単位なのでレバレッジ効果としては、1000倍になります。
つまり、取引価格は1円動くと、取引中の損益は1000円動くということになります。現状、金の証拠金は75,000円くらいですが、実際に取引している金額は、1グラム当たり現状では4,600円位ですので4,600円×1,000グラム=460万円という事になります。
75,000円を出資して460万円規模の取引をしているという事になります。
過去の価格動向を見ると、1週間で200円近く価格が上昇している時期もありますので、タイミングよくスタート出来れば1週間で20万円の利益を出すのも充分にあり得るという事になります。